映画『プーと大人になった僕』とは?公開日、あらすじ、見どころ、声優情報を一挙紹介!

ディズニーの大人気キャラクターと言えばくまのプーさんですよね。

そのプーさんが長編映画として登城したのは1978年のこと。2018年の今年はプーさんが誕生してから40周年という節目の年になります。

そんな記念すべき年に、実写映画『プーと大人になった僕』が公開されることになりました。

今回は『プーと大人になった僕』のあらすじや見どころ、吹き替えの声優や評判についてご紹介いたします。

映画には、プーさんだけでなく100エーカーの森の仲間達も出演していますよ。

これ読めばあなたもきっとプーさんに会いに映画館に行きたくなるはずです。

スポンサーリンク

映画『プーと大人になった僕』とは?公開日はいつ?

くまのプーさんの初めての実写映画となる『プーと大人になった僕』は、日本では9/14(金)に公開される予定です。

全国で公開予定ですので、お住まいのお近くの映画館でも上映されるはずですよ。

今なら特性ポストカードが3枚もセットになったムビチケカードも購入できます。

特注ポストカードは柄がそれぞれことなり、どれもかわいくておすすめです。

ムビチケカードは数量限定でなくなり次第終了となりますので、気になる方はお早めにゲットしてください。

スポンサーリンク

映画『プーと大人になった僕』のあらすじは?

大人になったクリストファー・ロビンは結婚し、奥さんと1人娘のマデリンと3人でロンドンに住んでいました。

クリストファー・ロビンは毎日仕事で忙しく、奥さんはそんな彼に愛想をつかしてしまい、家族はすれ違いの状態に。

そんな仕事と家庭に悩まされていたある日、クリストファー・ロビンは奇跡的にプーさんとの再会を果たします。

プーさんと共に100エーカーの森に戻ったクリストファー・ロビンは、変わらない彼らの生活に懐かしさを感じます。

そして、プーさん達と接することで次第に忘れかけていた「本当に大切なモノ」を少しずつ取り戻していくのです…。

スポンサーリンク

映画『プーと大人になった僕』の見どころは?

主人公であるクリストファー・ロビンは、今回の映画では家族を持ったどこにでもいる普通の男性として描かれています。

幼い頃は冒険のようにわくわくする毎日だったのに、大人になるにつれてその気持ちは薄れていき、次第に疲れた日々を送ることに…。

そんなクリストファー・ロビンの思いは、誰もが共感できるのではないでしょうか。

そして、クリストファー・ロビンが次第に生きる喜びや楽しみを取り戻していく姿に勇気と感動をもらえること間違いなし!

あなたにとって本当に大切なモノとは何かを気づかせてくれる映画です。

また、劇中に出てくるプーさん達の姿もまたかわいらしく、心から癒されますよ。

スポンサーリンク

映画『プーと大人になった僕』の登場人物と吹き替え版の日本人声優は?

主人公であるクリストファー・ロビンは、なんとあのユアン・マクレガーが演じています。

彼の演技力で、クリストファー・ロビンの気持ちにどんどん感情移入させられていきますよ。

そしてそのクリストファー・ロビンの日本語吹き替えは堺正人さんが担当されています。

癒される映画の世界観と堺さんの穏やかな声が、絶妙にマッチしています。

また、プーさんやティガーなどの仲間達の声はこれまでもキャラクターの声を担当していた人たちが演じています。

聞き馴染みのある声に、すんなり映画の世界に引き込まれていきますよ。

映画『プーと大人になった僕』のみんなの感想は?

それでは『プーと大人になった僕』についての皆さんの感想や評判を紹介します。

仕事で忙しい日々を送っている方には、本作のクリストファー・ロビンと自分を重ね合わせて映画の世界に溶け込んでしまうことでしょう。

そして、プーさんの何気ない一言が胸に刺さり、これからの生き方を改めて考え直すよい機会を与えてくれるはずです。

「ぼくは“なにもしない”を、毎日やっているよ」と予告編でも流れているように、本作中でプーさんが話す何気ない一言に感銘をうける人が多いようです。

すでにその予告編だけで泣いてしまった人もいるんだとか。

その名言セリフに加え、キャラクター達のかわいらしい姿にほっこりし、心が洗われる映画に仕上がっていますよ。

ディズニー映画と言ったらエンドロールも見逃せません。

本作のエンドロールがどのような内容かは映画館でのお楽しみですが、今回も素晴らしいと絶賛されているので必見です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

プーさんは見ているだけでもほっこり癒される、不思議なキャラクターですよね。

そんな彼は、この映画の中でもたくさんの事を教えてくれています。

本作を見に行って、子供の時は持っていたのにいつの間にか失くしてしまっていた何かを、あなたも取り戻しませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です