ディズニーランドとディズニーシーのシングルライダーの乗り方とは?待ち時間はどれくらい?2人で利用する方法は?

ディズニーランド、ディズニーシーでは様々な楽しみ方があります。

アトラクションを楽しむために行く人も多いのではないでしょうか。

アトラクションの中でも、スリリング系のアトラクションは特に人気が高く、待ち時間も相当な時間となってしまいます。

土日の混雑する日であれば、待ち時間はさらに恐ろしいことになります。

たくさん乗りたい、待ち時間を少しでも短くしたい、そんな方にオススメの方法があります。

シングルライダーと呼ばれるシステムです。

この記事では、シングルライダーとは何か、うまく利用するにはどうすればいいのか説明していきます。

ディズニーランドとディズニーシーのシングルライダーとは?

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/162/

シングルライダーって、聞いたことある気がするけどそもそも何なのか、とお思いの方がいらっしゃるでしょう。

シングルライダーとは、アトラクション乗車における相席のようなものです。

ディズニーランド(シー)のアトラクションは、基本的に複数人が横並びに座る形で乗車します。

その中で、お客さんのグループ人数によっては、アトラクションに1つだけ空席が生じる場合もありますよね。

その1つの空席に、相席のような形で優先的に案内してもらい乗車してアトラクションを楽しむことをシングルライダーといいます。

そして、対象アトラクションが決まっています。

ディズニーランドは、「スプラッシュマウンテン」のみ。

ディズニーシーは、「インディジョーンズ」と「レイジングスピリッツ」の2つだけです。

【追記】ソアリンはシングルライダーの対象アトラクションか?

2019年7月23日(火)にオープンした「ソアリン」は残念ながらシングルライダーの対象となっていません

オープン初日が驚異の「350分待ちと大人気アトラクションの仲間入りを果たしたソアリン。

誰よりも早く乗るためには、朝一のファストパスを狙うか、ホテルのアーリーエントリーを狙うのが得策かと思います。

ちなみに、ディズニーホテルの「最安料金」は楽天トラベルがオススメですのでよかったら見てみてください。

>>ディズニーホテルの最安料金(7,894円~)はこちら【楽天トラベル】

ソアリンとトイマニのファストパスはどちらを先に取るべき?「ソアリン」ではない?!

2019.07.31
スポンサーリンク

ディズニーランドとディズニーシーのシングルライダーの乗り方は?使い方は?

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/222/

では、どのようにすればシングルライダーを利用できるのか。

乗り方はいたって簡単です。

ファストパスの入り口にいるキャストさんに声をかけるだけ。

「シングルライダー希望です」といえば、キャストさんが誘導してくれます。

ただ、注意点もありますのでお伝えしときますね。

それは、シングルライダーは、対象アトラクションの運営状況によって、実施されない日や時間帯があるということ。

どのような基準で利用できなくなるかは分かりませんが、少なくともアトラクションが不具合で止まっているときは利用できないですね。

「現地で確認する」が一番確実な利用方法となりますので、覚えておいてください。

スポンサーリンク

シングルライダーの待ち時間はどれくらい?ファストパスとどっちが早い?

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/242/

いやいや、やっぱりディズニーランドは並んでみんなで乗るべきでしょ。

そのように、お考えの方もいると思います。

この話を聞いたら、もしかしたらシングルライダーにも興味をお持ちになるのではないでしょうか。

ディズニーランドが誇る大人気アトラクションでは、その人気さゆえに、待ち時間もファストパスを使わないと120~150分待ちになってしまうことでしょう。

ファストパスを使ったとしても、5~15分近くは待つことになるかとおもいます。

では、シングルライダーではどうか。

実はシングルライダーとして並ぶことで、5分程で乗れちゃうのです。

ファストパスと変わらないと言う意見もあるかと思います。

確かに、待ち時間だけで見ればそうかもしれませんが、ファストパスとは違い指定時間がないこと、ファストパスを取得する手間がないこと、ファストパスを取得できないリスクがないことが挙げられます。

間接的に言えば、ファストパスの指定時間の影響を受けないことで、ショーまでの時間調整ができることや、レストランの時間とうまく調整しながらもアトラクションを楽しむことができるのです。

スポンサーリンク

シングルライダー対象アトラクション:スプラッシュマウンテン(ディズニーランド)

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tdl/attraction/detail/162/

ディズニーランドの名物アトラクションといえば、スプラッシュマウンテンではないでしょうか。

筆者にとっても、毎回のマストアトラクションです!

スプラッシュマウンテンといえば、丸太ボートをモチーフにした乗り物にのり、「笑いの国」を目指し旅しているブレア・ラビットの世界観を楽しめます。

何と言っても、最後の落下でしょう。

落差、傾斜、勢い、そして水しぶき全てを爽快に感じられる最後の落下は、これまで多くのゲストを楽しませてきました。

そんな、大人気アトラクションのスプラッシュマウンテンは120分以上待つことはほぼ確定的な人気っぷり。

ファストパスもお昼すぎには無くなってしまうことは覚悟しておいたほうがいいくらいです。

大人気アトラクションのスプラッシュマウンテンは、ディズニーランド唯一のシングルライダー対象アトラクションです。

この機能をうまく利用すれば、5分ほどで乗れちゃうことも十分に可能です。

5分ですよ。
驚きの早さではないでしょうか。

他のファストパスを優先したい、ショーを優先的に見たい、仕方ないからスプラッシュマウンテンは今回諦めよう。

シングルライダーをうまく活用すれば、しっかりスプラッシュマウンテンを楽しむことができますよ。

スポンサーリンク

シングルライダー対象アトラクション:インディージョーンズ(ディズニーシー)

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/222/

ディズニーシーでは、古代文明の探検ができます。

場所は、ロストリーバーデルタ。

ここでは、インディジョーンズの世界観に入って、冒険ができます。

スピーディな乗り心地の中で、様々な神秘を見つけながら楽しむことができ、ディズニーシーの中でも人気アトラクションの一つです。

こちらも、シングルライダー対象のアトラクションです。

ライド毎に、冒険中のセリフが変わる仕様のため、シングルライダーとして何回も乗るもよし、グループバラバラで乗ることで、互いに自分が冒険した内容を語り合うもよしです。

スポンサーリンク

シングルライダー対象アトラクション:レイジングスピリッツ(ディズニーシー)

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/242/

ディズニーシーで、必ず乗るアトラクションといえばレイジングスピリッツではないでしょうか。

レイジングスピリッツは、ディズニーランド、ディズニーシーの中で唯一の360度回転がある絶叫マシンです。

大人気アトラクションだけあって、待ち時間もかなり恐ろしいものです。

しかし、こちらのレイジングスピリッツでもシングルライダーとして楽しむことができます。

レイジングスピリッツは、スリル、爽快感満点の絶叫マシンであり、夜に乗れば神秘的な世界観がより引き立ち、癖になります。

そこで、シングルライダーをうまく利用すれば数回乗ることも可能なのです。

スポンサーリンク

シングルライダーに年齢制限はあるのか?

お子様連れの家族も、シングルライダー作戦が使えればたくさんアトラクションが楽しめていいですね!

しかし、子供にはシングルライダーは危ないのでは、そもそも年齢制限があるのでは、そのような疑問を持った方もいるのではないでしょうか。

はい、実はその通りで、シングルライダーは7歳未満のお子さまが利用できないという年齢制限があります。

また、年齢制限に加え、身長制限もあります。

スプラッシュマウンテンでは90㎝以上、インディジョーンズでは117㎝以上、レイジングスピリッツも117㎝以上の身長が必要です。

こちらはシングルライダー問いませんので注意しましょう。

お子様連れのご家族様が、シングルライダーを利用して楽しむ方法としては、チャイルドスイッチというシステムがございます。

お父様がお子様の面倒を見ている間に、奥様がアトラクションをシングルライダーとして楽しむことができ、お母様がお子様と過ごす間にお父様がアトラクションをシングルライダーとして優先的に楽しむことができます。

これは、シングルライダーとは違い、指定のアトラクションはございません。

利用する際にはキャストさんに声をかけて、案内してもらいましょう。

スポンサーリンク

シングルライダーは2人(友達・カップル)で利用できるのか?注意点は?

スリリング系アトラクションが好きな人たちにとって、シングルライダーを作戦としてうまく利用することで、多くの絶叫系アトラクションを回ることができます。

これは、何もアトラクションをたくさん楽しみたいグループに限った話ではありません。

カップルや夫婦でディズニーを楽しむ人たちには、シングルライダーをする人はいないように感じるかもしれませんが、うまく利用することで楽しさの幅も広がります。

絶叫系のアトラクションが大好きで数多くアトラクションを楽しみたいカップルやご夫婦はもちろんのこと、パレードをたくさん楽しみたいからアトラクション待ち時間を節約したいというカップル、ご夫婦にもおすすめ。

しかし、シングルライダーは必ずしも連続で乗車できるわけではありません。

状況により一人目と二人目の間に時間差が多少生まれてしまうため、連絡が取れるように携帯電話、充電器の用意を忘れずに、待ち合わせ場所なども決めておきましょう。

スポンサーリンク

【注意】タワーオブテラー(ディズニーシー)は、昔はシングルライダーあったが、今は導入されていない?

【出典】https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/243/

タワーオブテラーでも、2012年ごろまではシングルライダー対象アトラクションの一つでした。

しかし、今では対象外となっておりますので注意しましょう。

廃止となった背景としては、不正乗車できてしまう状態だったことにあるのではないかと一部で噂されています。

真相に関しては、わかりかねますが。

他のシングルライダー対象アトラクションとは異なり、通常レーンとファストパスのレーンの2つしかなく、シングルライダーとして搭乗する際にはファストパスレーンから並びます。

その際に、管理がうまく行い切れなったところがあったようです。

タワーオブテラーは大人気アトラクションの一つです。

ファストパスは優先してとって対応しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ディズニーアトラクションを多く乗りたい、そんなあなたにシングルライダーをおススメします。

指定対象アトラクションとはなっていますが、スプラッシュマウンテン、インディジョーンズ、レイジングスピリッツの3種類ともディズニーランド、ディズニーシーでは大人気アトラクション。

これらを、短時間で乗れることで、アトラクションそのものも楽しめて、短縮した時間を他のことにもまわせます。

並ぶのを極力控えることもできます。

しかし、知らない人と同席することになりますからマナーは守りましょうね。

うまく作戦としてとりいれながらディズニーを、より楽しんでいってほしいものです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です