ディズニーシーのアトラクションを新しい順に一挙紹介!【2019年最新】

ディズニーシーのアトラクションを新しい順で一挙紹介(2001年~2019年)

2001年にオープンした後も次々と新しいアトラクションが誕生し、ずっとファンを楽しませ続けてくれるディズニーシー。

つい最近も「ソアリン・ファンタスティック・フライト」が登場!さらに盛り上がりを見せています。

せっかくディズニーシーに行くなら、新しく誕生したアトラクションにぜひ乗ってみたいですよね!

そこで、ディズニーシーの代表的なアトラクションたちを新しい順に10個ご紹介します。

それぞれがどんなアトラクションなのかも解説していくので、ぜひ参考にしてください♪

スポンサーリンク

ソアリン・ファンタスティック・フライト(2019年7月23日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction.html

  1. アトラクション名:ソアリン・ファンタスティック・フライト
  2. オープン日:2019年7月23日
  3. エリア:メディテレーニアンハーバー
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、シアター、大きな音がする、暗やみをすすむ
  6. 対象:妊娠中の方はNG、102cm以上OK

ディズニーシーの中で今もっとも新しいアトラクションのソアリン。

空飛ぶ乗り物・ドリームフライヤーに乗って世界中の名所や大自然を駆け巡る、シミュレーションタイプのアトラクションです。

映像に合わせて風が吹いたり香りがしたりと、五感をフルに使って楽しむことができるのがポイントで、本当に空を飛んでいるような、爽快な気分になれますよ。

ソアリンはすでにアメリカや上海のディズニーに導入されていますが、日本のソアリンは、東京ディズニーシーならではの物語の設定や日本独自のシーンが加わり見どころ満載で楽しめます♪

スポンサーリンク

ニモ&フレンズ・シーライダー(2017年5月12日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/247/

  1. アトラクション名:ニモ&フレンズ・シーライダー
  2. オープン日:2017年5月12日
  3. エリア:ポートディスカバリー
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、雨の日も安心、大きな音がする、暗やみをすすむ
  6. 対象:妊娠中の方はNG、補助なしで座れることが必要、90cm以上OK

魚の形をした潜水艇・シーライダーに乗り込んで、魚たちと同じ目線で海中を冒険するシアタータイプのアトラクション。

キレイな海の世界をワクワクしながら体験できる、ディズニーらしさ満載の乗り物です。

ニモやドリーなど、映画でお馴染みのキャラクターも登場するからファンにはたまりません。

流れる映像はランダムなので、何回乗っても違う発見がありますよ。

シートは動きますがそれほど激しくないので、小さなお子さんやお年寄りの方まで幅広く楽しめます。

スポンサーリンク

ジャスミンのフライングカーペット(2011年7月18日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/220/

  1. アトラクション名:ジャスミンのフライングカーペット
  2. オープン日:2011年7月18日
  3. エリア:アラビアンコースト
  4. ファストパスの有無:なし
  5. タイプ:ライド、ディズニーの世界を体験、回転する
  6. 対象:補助なしで座れることが必要、身長制限なし

空飛ぶ絨毯に乗ってジャスミンの庭園の上空を飛び回る、ライドタイプのアトラクション。

絨毯は2列に分かれていて、前方席は高さ、後方席は傾きを自由自在に操作できるから、本当に空を飛んでいるかのような気分に♪

水が流れている上でのライドは、アラジンとジャスミンが「ホール・ニュー・ワールド」を歌っている時の映画のワンシーンそのもの。

アトラクション周辺には実際にジャスミンの花も植えられていて、アラジンの世界観をたっぷり満喫できます。

スポンサーリンク

タートル・トーク(2009年10月1日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/246/

  1. アトラクション名:タートル・トーク
  2. オープン日:2009年10月1日
  3. エリア:アメリカンウォーターフロント
  4. ファストパスの有無:なし
  5. タイプ:シアタータイプ、雨の日も安心、大きな音がする、暗やみをすすむ
  6. 対象:身長制限なし

映画にも登場するウミガメのクラッシュと会話ができる、ゲスト参加型のシアタータイプアトラクション。

クラッシュがゲストに質問したり、逆にゲストがクラッシュに質問したりと、リアルタイムの会話が楽しめます。

クラッシュのアドリブが本当に面白く、毎回笑いのウズが巻き起こっていますよ。

クラッシュ以外にもドリーなどほかのキャラクターも登場します。

時にはファインディング・ニモ以外のディズニーキャラクターも…。

どんなキャラクターに会えるかは、乗ってからのお楽しみ!

なお、2017年5月にリニューアルオープンし、さらにパワーアップしました。

スポンサーリンク

トイストーリー・マニア(2008年5月31日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/218/

  1. アトラクション名:トイストーリー・マニア
  2. オープン日:2008年5月31日
  3. エリア:アメリカンウォーターフロント
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、3D体験、雨の日も安心、大きな音がする、暗やみをすすむ、回転する
  6. 対象:補助なしで座れることが必要、身長制限なし

3Dメガネをかけてシューティングゲームを楽しむ、ライドタイプのアトラクション。

ディズニーランドにも同じタイプの「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」がありますが、トイストーリー・マニアとの大きな違いはゲームの矢や的などがすべてCGになっているところ。

立体的な映像は迫力満点で、大人も子どもも必ず夢中になってしまう、ディスニーシーきっての大人気アトラクションです。

アトラクション中だけでなく、スタンバイ列にあるアンディの部屋を再現した内装も見どころのひとつ。

2時間待ちもザラにあり、ファストパスもオープンして1時間ほどで締め切られてしまうことが多いのでご注意を!!

スポンサーリンク

シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(2007年3月29日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/235/

  1. アトラクション名:シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ
  2. オープン日:2007年3月29日
  3. エリア:アラビアンコースト
  4. ファストパスの有無:なし
  5. タイプ:ライド、雨の日も安心、暗やみをすすむ
  6. 対象:身長制限なし

「イッツ・ア・スモールワールド」と同じ、ボートライドタイプのアトラクション。

ディズニーシーがオープンした時からあった「シンドバッドセブンブックヴォヤッジ」のリニューアル版として、2007年に誕生しました。

船乗りシンドバッドと子トラのチャンドゥが宝物を探しに航海の冒険に出るという物語で、壮大で強いメッセージ性のあるテーマ曲「心のコンパス」と共にゲストに勇気と感動を与えてくれます。

雨のシーンでは実際に水しぶきがかかったり、サルからバナナをもらうシーンではバナナの香りがしてきたりと臨場感もたっぷり。

アトラクション中には隠れミッキーやアラジン&ジャスミンが登場するシーンもあるので、お見逃しなく!

スポンサーリンク

タワー・オブ・テラー(2006年9月4日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/243/

  1. アトラクション名:タワー・オブ・テラー
  2. オープン日:2006年9月4日
  3. エリア:アメリカンウォーターフロント
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、スピード/スリルあり、雨の日も安心、大きな音がする、怖いキャラクターが登場、暗やみをすすむ
  6. 対象:妊娠中の方はNG、補助なしで座れることが必要、102cm以上OK

ディズニーシーで1番スリルがある、フリーフォールタイプのアトラクション。

歴史的建造物である「ホテルハイタワー」を見学しているはずが、最上階に向かうエレベーターに乗ると待ち受けているのが恐怖と悲鳴の世界。

お化け屋敷のような怖いストーリーと浮遊感がたまらない、絶叫必須の大人気アトラクションです。

また、タワー・オブ・テラーでは施設の裏側などを解説してくれる内部見学ツアーもやっています。

通常のアトラクションとはひと味違う楽しみ方ができますよ。

気になる方はキャストに声をかけてみてください。

スポンサーリンク

レイジングスピリッツ(2005年7月21日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/242/

  1. アトラクション名:レイジングスピリッツ
  2. オープン日:2005年7月21日
  3. エリア:ロストリバーデルタ
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、シングルライダー対象、スピード/スリルあり、大きな音がする、回転する
  6. 対象:妊娠中の方はNG、117cm以上・195cm以下OK

ディズニーリゾート初の360度回転する、ローラーコースタータイプのアトラクション。

崩れかかった古代神の石像「火の神:イクチュラコアトル」と「水の神:アクトゥリクトゥリ」の復元方法を間違ったために神々の怒りをかってしまい超常現象が巻き起こる、というストーリー。

360度ループのほかにも落下地点が3回も!猛スピードと浮遊感が楽しめます。

アトラクションには火と水が使われており、夜になると古代遺跡の中に火が幻想的に浮かび上がってとってもキレイ。

シングルライダーにも対応しているので、早く乗車したい方は積極的に利用しよう!

スポンサーリンク

センター・オブ・ジ・アース(2001年9月4日開園日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/223/

  1. アトラクション名:センター・オブ・ジ・アース
  2. オープン日:2001年9月4日
  3. エリア:ミステリアスアイランド
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、スピード/スリルあり、大きな音がする、怖いキャラクターが登場、暗やみをすすむ
  6. 対象:妊娠中の方はNG、117cm以上OK

ディズニーリゾートのアクラクションの中でもっとも速いスピードを出す、ローラーコースタータイプのアトラクション。

徐々にスピードをあげるのではなく、いきなり加速するからとってもスリリング。

さらに、加速のあとは一気に真下へと急降下!

わくわくとドキドキを兼ね備えたアトラクションです。

ローラーコースターだけでなく、水晶が光る洞窟や未知なる発行生物に出会える地底の世界を堪能できるのも魅力のひとつ。

また、システムメンテナンス期間中は「マグマサンクタムツアー」と呼ばれる、地底探検ツアーが開催されます。

クルー(キャストのこと)の解説つきで、センター・オブ・ジ・アースのバックストーリーが知れる貴重な体験ができますよ!

スポンサーリンク

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー(2001年9月4日開園日)

https://www.tokyodisneyresort.jp/tds/attraction/detail/222/

  1. アトラクション名:インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  2. オープン日:2001年9月4日
  3. エリア:ロストリバーデルタ
  4. ファストパスの有無:あり
  5. タイプ:ライド、シングルライダー対象、スピード/スリルあり、雨の日も安心、大きな音がする、怖いキャラクターが登場、暗やみをすすむ
  6. 対象:妊娠中の方はNG、117cm以上OK

世界的大ヒット映画「インディ・ジョーンズ」をもとにした、ローラーコースタータイプのアトラクションです。

ゲストが乗車する乗り物は探検家のお決まり、オフロード車。

「若さの泉」を探すため、古代神殿の中をガタゴトと左右に激しく揺れながら進みます。

インディ・ジョーンズらしくハラハラどきどきが止まらない、ハプニング満載のアドベンチャーが楽しめますよ!

ローラーコースターと言ってもそこまでスピードや落下がないため、苦手な人でも比較的乗りやすいです。

スポンサーリンク

まとめ

ディズニーシーに行くなら押さえておきたいアトラクションを、新しい順にご紹介いたしました。

なかにはアトラクションではない楽しみ方ができるものも。

それぞれ魅力や楽しさが違うので、ファストパスやシングルライダー制度を活用して1つでも多くのアトラクションを体験してみてくださいね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です