バケーションパッケージで確実に予約するためのコツ7選!キャンセル日が狙い目!

ディズニーファンの間で大好評の、ディズニー公式宿泊プラン「バケーションパッケージ」。

でも、予約が殺到してなかなか申し込めない…という声をよく耳にします。

ちょっとしたコツされ知っておけば、予約できる確率がグンとアップ♪

誰でも簡単にできる方法なので、知っておいて損はありません。

ここではバケーションパッケージを予約する方法やそのコツ、キャンセル待ちのタイミングをご紹介!

確実に予約したい方や、すでに満室で諦めてしまった方は必見です!

バケーションパッケージとは?最速でディズニーホテルを予約できる方法

https://www.tokyodisneyresort.jp/hotel/tdh/

ディズニーホテルはディズニー好きなら一度は泊まってみたい、憧れのホテル。

通常ディズニーホテルは、公式ホームページ上で宿泊日の5ヶ月前から予約ができます。

しかし、もっと早く予約できる方法があることをご存じですか?

その方法とは…「バケーションパッケージ」を利用すること。

バケーションパッケージとはディズニー公式の宿泊プラン。

ホテルに加えパークチケットや様々な特典がついた、ディズニーリゾートをめいっぱい満喫できるプランです。

バケーションパッケージなら、宿泊日の6ヶ月前から申込み可能!!

通常よりも1ヶ月前に予約できるなんて、夢のような宿泊プランですよね。

バケーションパッケージで予約するコツ7選!

https://www.tokyodisneyresort.jp/hotel/vp.html

バケーションパッケージはサービス満載の魅力的な宿泊プラン。

とても評判が良く、ファンの間では「バケパ」と呼ばれ親しまれています。

バケーションパッケージの予約方法は、公式サイトかディズニーのオフィシャルスポンサーであるJTBのサイトから申し込めます。

申し込みは誰でも簡単に操作ができますよ。

しかし、大変人気なプランだけに予約も殺到!

予約開始と同時にアクセスが集中するため、苦戦する可能性があります。

ここからは、バケーションパッケージの予約方法とそのコツを伝授します!

公式サイトとJTBサイトの違いは?
公式サイトとJTBサイトの違いは、まずJTBですと「往復交通代金込み」のプランにできるため、交通費も含めてパッケージで購入したい方にはおススメです。

ただ、JTB経由の場合、「アトラクション満喫プラン」か「アトラクションもショーも楽しむプラン」かで選べるバケパプランが限定されています。

また、人気アトラクション(トイストーリーマニア)、最新のアトラクション(ソアリン)のファストパスは利用できないプランになっていることにも注意が必要です。

一方、公式サイトでは、往復交通代金込みのプランはありませんが、トイストーリーマニアやソアリンなどの最新アトラクションのファストパスが選択できるプランや、キッズ対象のプラン、ディズニーキャラクターと写真がとれるプランなどもあって、選べる楽しみが満載♪

公式サイトとJTBのサイトを比較してプランを決めるのも良いですよ。

本記事での「コツ」はあくまで公式サイトから申し込む場合の必勝手段となります。

1つめのコツ:いつから予約できるのか。開始日と開始時間を押える

確実に予約するためには、申し込み開始と同時に公式サイトにアクセスする必要があります。

申し込み開始は「チェックイン日の6ヶ月前、午前11:00」から!

また、「6ヶ月前に同日がない場合はその翌月1日、午前11:00」からとなります。

たとえば、8月31日チェックインのプランを申込みする場合、6ヶ月前の2月には31日がありません。

この場合は、3月1日の午前11:00からとなります。

なお、クリスマスやお正月など期間限定のプランの場合は「発売日に、6ヶ月先同日分まで」の予約となります。

販売日はまちまちなので、公式サイトで確認しておきましょう。

2つめのコツ:宿泊希望日は幅を持たせておく。数日前からの連泊で押えるのも手!

同じ客室であれば、最大5連泊までなら予約ができます。

予約後に宿泊数を本来の希望宿泊日のみに変更すればOK。

変更の仕方は公式サイトの「予約・購入履歴一覧」から変更へと進み、「ホテル・客室情報」の右下にある「1泊減らす」という項目をクリックするだけ。

ただし、連泊予約ができる部屋数はあまり多くありません。

また、すべての部屋が連泊で取れるわけではないのでご注意ください。

3つめのコツ:予約開始日、開始時間のスケジュールを空けておく

大事なところなのでもう一度お伝えします。バケーションパッケージは予約開始と同時にアクセスが集中します。

つまり、自分たちも予約開始と同時にアクセスしなければ申し込みが埋まってしまうということ!

予約を確実に取るためには、予約開始時間の前後である「チェックイン日の6ヶ月前、午前11時」の予定は空けておくようにしましょう。

また、11時ちょうどに申し込みができるよう、少し前からログインしてスタンバイしておくことも大切です。

4つめのコツ:スマホ、パソコン、タブレットなど複数端末でスタンバイする

では、11時数分前に申込体勢が整ったとします。

でもここで油断してはいけません。

公式サイトはパソコンだけでなく、スマホやタブレットからでも申し込みが可能ですから、できるだけ多くの端末からアクセスするように、複数の端末をフル活用するのがオススメです。

1つの端末より2つ、3つの端末からの方が予約はとりやすいです。

パソコンをお持ちなら、スマホを机の側において、両方から予約のスタンバイをしてみてください

また、人手が多い方が圧倒的に有利です。

自分だけでなく、友達や家族も一緒にアクセスしてもらうとより予約が取りやすくなりますよ。

5つめのコツ:ディズニーアカウントが登録済みか確認する

バケーションパッケージを申し込むには、ディズニーアカウントが必要です。

予約の段階でアカウントがないと、大きなタイムロスになってしまいます。

もしお持ちでない場合は、事前に登録しておきましょう。

登録はもちろん無料。

アカウントがあればバケーションパッケージの予約だけでなく、ディズニーの各種オンラインサイトも利用できますよ。

すでに登録済みの場合も、メールアドレスまたはユーザーIDとパスワードの確認を先にしておきましょう。

6つめのコツ:客室タイプにこだわり過ぎない

誰だってステキな部屋に泊まりたいもの。

だけど部屋数には限りがあるし、自分が「泊まりたい!」と思っている部屋は大抵ほかの誰かも狙っています。

客室タイプにばかりこだわっているとプランの選択肢が減ってしまい、バケーションパッケージ自体の予約が取れなくなってしまう可能性も…。

ディズニーホテルはどのお部屋も魅力がいっぱい!

あまり部屋にこだわらずに、空いている部屋があれば予約しちゃいましょう。

それでもどうしても泊まりたい客室タイプがある場合は、宿泊日をいくつか候補にあげておくと良いかもしれません。

7つめのコツ:クレジットカードが使えるか確認しておく。申込金が必要のため

バケーションパッケージの支払い方法は、5通りあります。

  • クレジットカード(一括払いのみ)
  • 銀行振込
  • 郵便振込
  • コンビニ振込
  • ネットコンビニ決済

この中でもおすすめは「クレジットカード払い」です。

バケーションパッケージは、申込金の支払いをもって予約成立となります。

せっかく予約ができたのに支払期限が過ぎてしまい、予約が解消になってしまったらとてももったいない!!

クレジットカードならすぐその場で決済ができるので安心です。

なお、クレジットカード決済を利用する場合は、使用するカードが有効かどうかをあらかじめ確認しておきましょう。

カード入力の段階でもたもたしていると、その分タイムロスになってしまいます。

予約できなかった場合のコツ・裏技!キャンセル待ちを狙う

「色々ためしてみたけど予約が取れなかった」、「うっかり予約するのを忘れていた」という方でも、まだ諦めてはいけません。

他の方が予約をキャンセルし、空きとなった分をねらいましょう!

しかし、キャンセル待ちと言ってもただ闇雲にサイトをチェックするのは大変…。

まずはキャンセルが出やすいタイミングを見計らってみてください。

そのタイミングとは「予約開始直後の数日間」と「キャンセル料が発生する日の数日前~前日」の2つ。

「予約開始直後の数日間」は、念のため複数のプランを仮押さえしたり、一緒に泊まる人同士がみんな予約できてしまった方などが、比較的早い段階でキャンセルをする傾向にあります。

予約開始当日やその翌日にはキャンセルする場合が多いので、タイミング良く空きが出たら予約できますよ。

キャンセル待ちを拾うコツ・裏技1:いつからキャンセル料金が発生するかを押える

キャンセル待ちが出る2つ目のポイントは「キャンセル料が発生する日の数日前~前日」です。

せっかく予約が取れたのに、何らかの理由で泊まれなくなってしまう方はある程度います。

そういった方たちは、キャンセル料が発生する直前にキャンセルする場合が多いようです。

バケーションパッケージでキャンセル料が発生するのは、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって20日目にあたる日以降から。

この時点でキャンセル料はなんと旅行代金の20%!かなりの金額です。

ギリギリまで悩んだけど、キャンセル料を払うのはもったいないから仕方なくキャンセルしなきゃ…という人の心理を狙って、このタイミングでキャンセル待ちしましょう。

キャンセル待ちを拾うコツ・裏技2:キャンセル料金が発生する日の前日のスケジュールを空けておく

そして、「キャンセル料が発生する日の数日前~前日」の中でも最も多くキャンセルが出るのが「キャンセル料が発生する日の前日」です。

先ほどもご紹介したとおり、バケーションパッケージでキャンセル料が発生するのは旅行開始日から起算してさかのぼって20日目。

つまり、宿泊予定日の21日前が一番の狙い時になります!

あらかじめ21日前の日のスケジュールを空けておき、いつキャンセルが出ても予約できるようにスタンバイしておきましょう。

まとめ

ディズニーホテルを予約するなら、どこよりも早く申しこみができるバケーションパッケージがおすすめ!

人気が高いバケーションパッケージは、予約開始と同時に申し込めるよう準備が必要です。

何を準備すれば良いのか、また、予約ができるコツをご紹介してきました。

コツを押さえれば、ディズニーホテルに泊まれる確率も上がりますよ。

ぜひこの記事を
参考にして、憧れのディズニーホテルを楽しんでくださいね♪



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です