バケーションパッケージ(バケパ)のショー鑑賞専用エリアの場所はどこ?ランドとシーをそれぞれ解説!

ディズニーリゾート公式の宿泊プランである「東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ」、通称バケパ。

プランによってはショーの鑑賞券つきのものがありますよ。

スペシャルイベントが開催されているシーズンなどでは大人気となるこのプラン。

ショーをどこから見ることができるのか、その鑑賞専用エリアの場所を知りたい、という方も多いはず。

そこで今回はバケパを利用したときのディズニーランドとディズニーシー、それぞれのショー鑑賞専用エリアを紹介いたします。

スポンサーリンク

バケーションパッケージにはショー鑑賞のための専用エリアがある?

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/vp/search/

ショーを鑑賞するためには事前に場所取りをしたり、抽選に当選するようにと祈ったりしますよね。

しかし、バケパのショー鑑賞付きプランならそんな必要はありません!

バケパ専用の鑑賞エリアが決められているので、ショーの時間にあわせて指定の場所に行くだけ!!

そのため1日のスケジュールが組みやすくなり、パークを100%楽しむことができます。

もしもショーが中止になった場合でもショー鑑賞チケットをファストパスに変えてくれるので、至れり尽くせりです。

スポンサーリンク

ディズニーランドのバケーションパッケージ向けショー鑑賞専用エリアは4つ

まずは、ディズニーランドにおけるバケパ向けショー鑑賞専用エリアをひとつずつご紹介していきます。

ディズニーランドでは全部で4つのエリアがバケパ専用で確保されていますよ。

シーズンごとのスペシャルパレードはもちろん、シアターオーリンズやシンデレラ城でおこなわれるショーまで網羅されています。

いずれも見やすく良い席ばかりなので、ショーをじっくり鑑賞したい方にはぜひともおすすめしたいプランです。

パレードルートのショー鑑賞専用エリアはここ!(プラザガーデン)

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

スペシャルパレードやエレクトリカルパレードなどを見ることができる、パレードルート。

草木やオブジェでパレードが隠れてしまい、なかなかベスポジを確保できなかった方も多いのでは。

バケパ専用エリアはウォルト・ディズニー像のうしろにある、プラザガーデンが確保されています。

最前列ではありませんがイスが用意されているので、前をさえぎるものはありません。

しかも真正面にパレードが通るので、180度で見ることができますよ。

キャッスルショーのショー鑑賞専用エリアはここ!(中央鑑賞エリア)

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

キャッスルショーの専用エリアは、なんと中央鑑賞エリア!

ショーの迫力を間近で感じることができる、シンデレラ城の真ん前の席になります。

抽選エリアのうしろになりますが、逆にシンデレラ城全体を見ることができるちょうど良い距離。

けむりなどが吹き上がる2つの塔からも近いので、目でも耳でも肌でもショーを感じることができますよ。

シアターオーリンズのショー鑑賞専用エリアはここ!

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

2019年3月現在、「レッツ・パーティグラ!」が公演されているシアターオーリンズ。

ここのショー鑑賞専用エリアはステージの正面の席です。

ステージからも近めの席なので、ショーのライブ感を存分に楽しむことができますよ。

しかし、難点はシアターオーリンズの会場自体に段差がないところ。

背の低い方だとショーが前列にさえぎられてしまうかもしれません…。

その場合はできれば通路側の席を確保するといいですよ。

ショーベースのショー鑑賞専用エリアはここ!

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

ショーベースは、名作と名高い「ワンマンズ・ドリームⅡ-ザ・マジック・リブズ・オン」が上映されている場所です。

ショーベースの専用エリアは前の方の席ではありませんが、鑑賞席は傾斜がかかっているのでちゃんとショーを見ることができますよ。

また、ステージから正面の席のためステージ全体を見渡せます。

ショーベースは全席指定席。上演時間ぎりぎりに行っても席が確保されているので安心です。

ただしショーが始まってからは入ることはできないので、遅刻しないように注意してください。

スポンサーリンク

ディズニーシーのバケーションパッケージ向けショー鑑賞専用エリアは4つ

つぎに、ディズニーシーにおけるバケパ向けショー鑑賞専用エリアをご紹介します。

ディズニーシーでもディズニーランドと同じく、4つの専用エリアがあります。

ジャズの演奏とダンスが楽しめる「ビッグバンドビート」や、メディテレーニアンハーバーでおこなわれるショーなどが対象となっています。

もちろん、すべて席がリザーブされているのでゆっくり鑑賞することができますよ。

ハーバーショーのショー鑑賞専用エリアはここ!(ハーバーサイドテラス)

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

メディテレーニアンハーバーでおこなわれるショー鑑賞専用エリアは、ハーバーサイドテラスとよばれています。

その名のとおりメディテレーニアンハーバーが目の前に広がる、最前列のエリアです。

ディズニーキャラクターやダンサーさんが目の前に登場してくれたりと、ショーの迫力を間近で感じることができる大満足の席!

席は全席指定席。場所取りは必要ありません。

なお、こちらの席は傘をさすことが禁止されているので、天候が不安定な日はポンチョの持参をおすすめします。

ブロードウェイミュージックシアターのショー鑑賞専用エリアはここ!

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

「ビッグバンドビート」が上映される、ブロードウェイミュージックシアター。

こちらのバケパ専用エリアは1階席の真ん中あたりで、全体を見渡すことができる良席です。

席は全席指定席なので、上映時間ぎりぎりに行ってもOK。

観客席は傾斜がかかった設計で、前のゲストも邪魔に感じません。

「ビッグバンドビート」は出演者によってノリやアレンジが変わってくるので、何回見てもあきないショーです。

ぜひバケパを利用してブロードウェイの気分を思う存分堪能してください。

ドックサイドステージのショー鑑賞専用エリアはここ!

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

ドッグサイドステージの専用エリアは、ステージの真ん中の席です。

こちらのステージは観客席に段差がないので、ショーが前列のゲストによって隠れてしまいます。

登場キャラクターやダンサー達の足元は見えませんが、上半身はしっかり楽しめますよ。

また、専用エリアの前には通路があって、この通路にディスニーキャラクターが来てくれることも!

至近距離で会えるのは嬉しい特典ですね。

ハンガーステージのショー鑑賞専用エリアはここ!

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/data/img/static/show/show_Watching_seat.jpg

サーカスのような、臨場感あふれるショーを毎回おこなっているハンガーステージ。

こちらは観客席の高低差が大きいので、どの席からでも見やすいと評判のステージです。

バケパ専用の鑑賞エリアはステージ真ん中の、比較的うしろの席。

プロジェクションマッピングを使うこちらのショーではステージ全体が見渡せるうしろの席の方がおすすめなので、専用エリアはちょうどいいポジションです。

指定席ではなく鑑賞エリアが確保されているだけですので、より前の席で見たい方は早めに行くといいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

バケーションパッケージについてくるショー鑑賞券を使うと、指定の時間に専用エリアに向かうだけでショーを楽しむことができます。

時間を有効に使いたい方や、お子さま連れの方には絶対におすすめしたいプラン。

通常は地面に座って見るショーも、イスが用意されていたりするので楽チンです。

どの専用エリアもショーが満喫できる場所を確保されているので、安心して利用することができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です