ヴィランズの手下が2018年で最後って本当?2019年からどうなるの?

今、ちまたで噂されている重大ニュースがあります!

それは・・・

「ヴィランズの手下に会えるのが2018年が最後ではないか?」

というもの。

果たしてその真相はいかに?

この記事では、2018年が本当に最後の年になるのか、2019年以降はどうなるかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ヴィランズの手下のショーがなぜ今年最後と言われるのか?

「ヴィランズの手下に会えるのは今年が最後」

この衝撃のニュースは、手下ファン達を悲しみの海のドン底へと突き落としました・・・。

「えっ、嘘だヴィランズの手下達今年で最後なの・・・?そんなの嫌だよ!!」

「ヴィランズ手下今年で最後ってマ?????ウソだろおい………」

「ヴィランズ最後なのほんと……無理…来年もやってくれ」

ツイッターでは、悲鳴の声が嵐のように吹き荒れています。

では、この情報源はどこからきたのか

こちらのニュース記事を見てください。

【出典】https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180910-OHT1T50139.html

こちらは2018年9月10日のディズニー報知の記事です。

この記事を要約すると・・・注目すべきは、赤字の2箇所。

注目ポイント
  1. TDSでは、メディレーニアンハーバーのハロウィンショー「ザ・ヴィランズワールド」が最終公演となる
  2. 来年からはリニューアルが見込まれている

皆さん、気づきましたか?

この記事のカラクリを。

そう、ここに書かれているのは、ハーバーショー『ザ・ヴィランズワールド』が最終公演であってヴィランズの手下の『ハロウィンパーティー』が最終公演とは言っていないのです。

それでは、なぜ私たちは手下にはもう会えないと解釈してしまったのでしょうか

それは、この記事の写真を見てください。

【出典】https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180910-OHT1T50139.html

そうこの記事のトップ画像が「ヴィランズの手下」の写真になっているんです。

これじゃあ、誰だって、「ヴィランズの手下も最後」って勘違いしちゃいますよね?

ディズニー報知の記事作成者が、もしヴィランズの「アースラー」や「マレフィセント」の写真を使っていたなら、そのような解釈は生まれなかったかもしれません。

しかし皆さん、ここで100%ヴィランズの手下のショーが来年も継続されると判断してよいのでしょうか?

ここで安心してはいけません。

なぜなら、「リニューアル」のレベルが分からないからです

スポンサーリンク

「リニューアル」のレベルは、「ヴィランズの手下」も含むのか?


では、このリニューアルの範囲がいったいどれほどのものか気になりますよね

一般に、リニューアルの意味は、

新しくすること。新しいものに変えること。一新。(出典:大辞林より)

です。

これを見ると、

「一新??てことは、ヴィランズ・ワールドもヴィランズの手下もなくなるってこと?」

と思うかもしれません。

しかし、そう簡単に解釈するのは早いです。

というのも実は、「エレクトリカルパレード」は頻繁にリニューアルされているにもかかわらず、「エレクトリカルパレード自体」はなくなっていないからです。

ディズニーでは毎年新しいキャラクターが登場します。

そしてその新キャラをエレクトリカルパレードに登場させるとき、ニュースでは「リニューアル」という言葉が使われているんです。

実際、2017年7月11日に、アナ雪のキャラクターがエレクトリカルパレードに加えられた際、このときも「リニューアル」という言葉が使われました

こちらのURLはすでに無効になっていました

つまり、ディズニーの場合、「リニューアル=一新」というニュアンスより、「リニューアル=一部刷新」のニュアンスが近いかもしれません。

この言葉の使い方は、2018年4月15日にリニューアルされた「イッツアスモールワールド」も同様でしたよね。

「エレクトリカルパレード」も「イッツアスモールワールド」もリニューアルされましたが、それ自体はなくなっていません

この解釈からすると、ヴィランズワールドがリニューアルというのは、ヴィランズワールドがなくなる訳ではなく、内容が一部刷新されると考えていいと思います。

となると、次なる疑問は、

「ハロウィンパーティーのリニューアルってどういうこと?」

ということです。

新しいヴィランズの手下が加わるのか?

ハロウィンパーティーのテーマを変更するのか?

どうなってしまうのでしょうか。

これは筆者の個人的な感想ですが、実はこの「ハロウィンパーティーの設定」は、今年で本当に最後かもしれないと思っています

これが現実になったら、ものすごく悲しいことですよね。

でも、気づくファンなら分かったのではないでしょうか。

今年の演出がそれを物語っているということを・・・。

スポンサーリンク

ヴィランズの手下の「ハロウィンパーティー」がなぜ最後かもしれないのか?

ヴィランズの手下の「ハロウィンパーティー」が今年最後かもしれない・・・

この疑問に対する答えにあって注目すべきは、次の2点です。

注目すべき点
  1. スキャターがついに「免許皆伝」!
  2. ハロウィンパーティーが原点回帰(8人構成)!シックスポーズダンスが復活。

ひとつひとつ見ていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です