ディズニーハロウィン2018の仮装のルール、仮装期間、着替え場所を押さえよう!

ハロウィンの期間は、大好きなキャラクターの仮装をしてディズニーを楽しむことができます。

仮装したキャラクターに縁のある場所で写真を撮ると、完璧な「なりきり写真」が撮れちゃいます。

時には他のゲストから写真や握手を求められる事もあるので、気分は正に主役そのものですね。

ただし、仮装時のルールを知らないと入園を断られてしまう事もあるので注意が必要です。

ディズニーハロウィンを思いっきり楽しむために、仮装のルールや期間,着替え場所などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ディズニー仮装とは?仮装期間は?

ディズニーハロウィン期間中は、大人でも全身仮装をしてディズニーリゾートを楽しむことができます。

普段のディズニーリゾートは、キャストとゲストが間違えられないように、小学生以上の全身仮装ができません。

なので、大人も仮装が楽しめるのはこの時期だけ。

とっても人気があって、年々仮装のクオリティが上がっています。

仮装期間は、2018年9月9日(日)~10月31日(水)です。

「ディズニーハロウィン2018」が開催される前日から仮装することができちゃいます。

51日間も仮装して入園できるので、何度も仮装ディズニーに参加しちゃうのも良いですね。

スポンサーリンク

ディズニーハロウィン2018のルールをおさえよう!

「ディズニーハロウィン2018」には4つのルールがあります。

しっかりチェックして、他のゲストの迷惑にならないようにハロウィンを満喫しましょう。

ルール1:ディズニーキャラクターの仮装をしよう

当たり前のことかもしれませんが、ディズニーキャラクターの仮装をしましょう。

他のテーマパークのキャラクターや、ただのゾンビやオバケなどディズニーと全く関係の無い仮装での入園はできないので注意してくださいね。

ディズニー映画のキャラクターや、パレードやショーに出てくるキャスト衣装、の仮装もOKです。

アトラクションのキャスト衣装の仮装をする人もいて、仮装が出来るキャラクターはたくさんあります。

詳しくは、ディズニー公式サイトに「仮装対象作品リスト」が載っているので見てみてください。

(仮装対象作品リスト:https://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/halloween2018/dressup/list.html)

ルール2:小道具やメイクにはNG指定がある

ディズニーキャラクターの仮装でも武器を持っていたり、顔を変えてしまうメイク、周りに不快感を与えてしまうメイクはNGです。

顔に肌と違う色を塗るのもダメなので、ヴィランズや人以外のキャラクターの仮装をするときには注意が必要ですね。

また、つけ髭・付け鼻も付けることができないので、男女問わず人気の高いジャックスパロウやバルボッサの仮装は難しそうです。

【NG仮装例】
 お面
 マスク
 特殊メイク・特殊シール
 顔が見えない仮装
 顔の色を肌と違う色に塗るメイク
 ほかの人に恐怖や不快感を与えるメイク(血や傷など)
 つけ髭・つけ鼻
 剣や銃などの武器

ルール3:服装にもNG指定があるので要注意

露出度が高すぎる仮装や、体にピッタリ張りつくような全身タイツはNGです。

特にアリエルやジャスミンの仮装をする際は、セクシー過ぎないように肌色のインナーを着用したり、肩紐を付けておく必要があります。

また、衣装の裾が長すぎて引きずってしまうのもNGです。

プリンセスの仮装は、意外と注意点が多いので気を付けてくださいね。

スポンサーリンク

ディズニーハロウィン2018の着替え場所は?

ディズニーハロウィンは専用の着替えスペースが用意されています。

他のゲストの迷惑になってしまうのでトイレや物陰での着替えはやめましょう。

ディズニーランドの着替えスペース

引用元:公式サイトhttps://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/halloween2018/dressup/space.html

ディズニーランドの着替えスペースは、パークに入る前にあります。

エントランスの右奥にあるプロフナードギフトの横に設置されています。

ディズニーシーの着替えスペース

引用元:公式サイトhttps://www.tokyodisneyresort.jp/treasure/fantasy/halloween2018/dressup/space.html

ディズニーシーの着替えスペースも、パークに入る前です。

エントランス・サウスから駐車場に向かって行った奥の方に設置されています。

スポンサーリンク

まとめ

ディズニー仮装は、ルールを守らないと入園を断られてしまう事もあるので、しっかりと確認しておくことが大切です。

仮装する衣装を用意する前にルールをチェックしておけば、あとで後悔せずに済みます。

また、両パークとも着替えスペースはありますが、毎年長蛇の列ができてしまいます。

着替えて入園するまでに数時間かかってしまうことも珍しくないので、時間が勿体ないですよね。

ホテルに宿泊して仮装すると、待ち時間を考えずにディズニー仮装を楽しめます。

お友達同士で割勘すれば、意外と安く泊まれちゃうのでおすすめですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です