東京ディズニーランドはいつから再開?休園延長は避けられない?3月10日政府からの自粛延長の要請あり

新型コロナウイルスの影響で2月29日(土)から3月15日(日)まで休園となった東京ディズニーランドと東京ディズニーシー。

やはり気になるのは、

・東京ディズニーランドはいつから再開できるのか?

・本当に予定通りの「3月16日(月)」に再開できるのか?

・はたまた休園延長となるのか?

ですよね。

直近では3月2日にディズニーの最新映画である「2分の1の魔法」と「ムーラン(実写)」の公開日が延期と発表されたばかり。

そして、3月4日(水)には東京都が長時間の飲食は感染リスクがあるとして花見宴会の自粛を要請・・・。

さらには、3月9日(月)、プロ野球とJリーグがコロナウイルス専門家会議(第2回目)で話し合った結果、「開幕延期を決定」しました

極めつけには、3月10日(火)、政府が「大規模なイベントの自粛要請を10日間延長するようお願いします」と発表しました・・・

これだけをみると、「ほぼ東京ディズニーランドの休園延長は決定?」と思えるかもしれません。

ただ、そんな中、「わずかでもそこに希望を持ちたいと思える」ニュースも出てきています。

日本屈指の劇団「宝塚歌劇団」が、中止していた公演を3月9日(月)から再開。

劇団四季も政府からの特別な追加要請がない限り、3月16日から公演を再開することを発表しています。

全国的な自粛ムードがまだまだ続く中、一部のエンタメ業界では再開の兆しを見せようとしています。

この状況下で東京ディズニーランドはどう出るのか・・・。

今回は、こういった最新情報を踏まえ、東京ディズニーランドが再開と判断するのか、あるいは休園延長となるかについて考察していきます。

ハッピー15エントリーで出来ること 攻略 ランド シー

東京ディズニーランドの4月の再開日予想はいつ?なぜニューファンタジーを5月中旬以降に延期?

2020年3月11日

Contents

東京ディズニーランドの休園判断は実は遅かった?


まず、東京ディズニーランドの休園は2月29日(土)から3月15日(日)までと発表されたのは、休園前日の2月28日(金)。

瞬く間にニュースとなって大きな話題となりましたが、気づく人からすると

「ディズニーランドの判断は遅すぎ?」

「ディズニーランドやっと休園発表してくれたよ」

と思ったのではないでしょうか。

なぜ遅い?かというと、東京ディズニーランドの休園理由が政府の「大規模なスポーツ大会や文化イベントは中止、延期」の要請に基づくとなっているものの、この要請が発表されたのは2月26日(水)で、実際に東京ディズニーランドが休園を発表したのはその2日後だったんですよね

一方、この要請にすぐに反応したのは、プロ野球やJリーグといった「スポーツ界」、アーティストのライブやコンサート、劇場といった「エンタメ界」でした。

「大人数が集まる場所」=「コロナの感染リスクあり」

と上記業界はすぐに判断して適切な対応をとってくれたんです。

EXILEやPerfumeのライブにあっては、開始の数時間前に中止が発表され、落胆したファンが大勢いたことは記憶に新しいですよね。

では、東京ディズニーランドはこの政府の要請にすぐに反応していたでしょうか?

実は・・・できていません・・・

実際、東京ディズニーランドは、政府の要請があった2月26日は通常通り営業し、さらに2月27日もそのまま普段と変わらず営業をしていました。

同じエンタメ業界でも、すぐさま政府の要請に応じた「コンサート」や「劇場」といったエンタメ業界もあれば、応じることができなかったディズニーランドやUSJ(ユニバ)のような「娯楽施設」のエンタメ業界。

その対応が2極化していましたね

スポンサーリンク

東京ディズニーランドの休園を判断した本当の理由は?


では、なぜ、東京ディズニーランドは2月28日に休園を発表したのでしょうか?

大きかったのは政府が2月27日(木)に発表した「全国の小中高を3月2日から春休みまで臨時休校とする」というこの要請です。

この発表の意図するところは、政府としては「感染リスク拡大防止のため学校等も危ない」ということでしたが、

当人の小中校生からすると政府の考えることなんてお構いなしですよね。

単純に「春休みが前倒しになった!」と思っちゃう学生も多かったのではないかと思います。

そうなるどうなるか?

この臨時休校を春休みと勘違いして、東京ディズニーランドやよみうりランドといった遊戯施設に遊びに行きたくなりますよね。

そして、ネットの口コミをみても、

「ディズニーランドに行こうと思うんだけど、コロナで空いているかな?」

「早速みんなでディズニーに行くことにしました!コロナ対策しっかりしていきます!」

「コロナは大丈夫だよ!だってミッキーの魔法があるんだから♪」

というコメントが溢れ返っていました。

コンサートやスポーツイベントは軒並み中止になっているのに、東京ディズニーランドは営業している。

そうなれば、みんなが東京ディズニーランドに集中する。

前倒しの春休みと勘違いした子どもたちが、激混みのエリアに足を運んでしまう。

これは、もう親御さんからしてみても、世間からしてみても

「ディズニーランドは休園してください!」

「オープンしてると子どもたちが自由に遊びに行けちゃいます!」

「感染者が出る前にお願いします!」

ってなりますよね。

おそらくそういった批判の声が2月27日の政府の発表以降大きくなって、翌日の2月28日に休園を発表したのではないでしょうか

裏を返すと、もし政府が全国の小中高の臨時休校を発表していなければ、おそらくですが、ディズニーランドは休園をしなかった可能性はあったということです。

2月26日のスポーツ界や他のエンタメ界では即座に中止や延期の動きがあっても、ディズニーランドは2月26日はもちろん2月27日も普段と変わらず営業していたんですから。

それほど、2月27日に発表された「全国の小中高の臨時休校」のインパクトが大きかったということですね。

スポンサーリンク

はたしてディズニーランドは3月16日(月)に再開できるのか?


では、次に気になるのは、東京ディズニーランドが3月16日(月)にはたして再開できるかどうかです。

ディズニーランドの公式サイトでは

「再開日につきましては、3月16日(月)を予定しておりますが、関係行政機関等と密に連絡をとり、あらためてお知らせする予定です」

と書かれています。

ここで書かれている「関係行政機関等」ってどこかですが、おそらく東京ディズニーランドがある浦安市や千葉県の行政関係者のことでしょう

では、その人たちと「何をもって再開可能と判断するか」ですが、おそらく次の3点がポイントではないかと思います。

再開可能かを見極める3つのポイント
  1. コロナウイルスの蔓延状況(拡大しているか制御されているか)
  2. 世間の動き(スポーツ界・エンタメ界)
  3. 再開時の規模(屋内施設を開けるか開けないか)

一つひとつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

1.新型コロナウイルスの感染状況(拡大しているか制御されているか)


まず、1つめの見極めのポイントは、国内のコロナウイルスの感染状況です

政府が2月26日、「この2週間(2/26~3/15)が感染拡大防止に向けて極めて重要な時期である」と発表し、これを受けて各スポーツ界、エンタメ界は次々と3月のイベントを中止または延期しました。

つまり、政府の見立てでは「人が集まるイベントを2週間程度中止または延期」すれば、「コロナウイルスの国内の拡大は抑制される」と思っているということです。

では、この発表以降、国内の感染拡大状況はいったいどうなっているのか・・・

次に紹介していきます。

国内の新型コロナウイルスの感染者推移

こちらが日本国内の新型コロナウイルスの感染推移となります。

この日別推移は、朝日新聞のサイトで見ることができます

日付 感染者数(人) 前日比(人) (参考)死者数(人)
2月19日(水) 84 +9 1
2月20日(木) 93 +9 1
2月21日(金) 105 +12 1
2月22日(土) 132 +12 1
2月23日(日) 144 +12 1
2月24日(月) 156 +12 1
2月25日(火) 164 +8 1

2/26(水)に政府が大規模なスポーツ、文化イベントを自粛するよう要請
↓↓↓↓

2月26日(水) 186 +22 3
2月27日(木) 210 +24 3
2月29日(土) 239 +9 5
3月1日(日) 254 +15 6
3月2日(月) 268 +14 6
3月3日(火) 284 +16 6
3月4日(水) 317 +33 6
3月5日(木) 348 +31 6
3月6日(金) 407 +59 6
3月7日(土) 407 +0 6
3月8日(日) 487 +80 7
日付 感染者数(人) 前日比(人) (参考)死者数(人)

※上記表の感染者数はダイヤモンド・プリンセスの感染者数(712人)は除いています

ご覧いただいた通り、2月26日時点での感染者は「186人」・死者「3人」でしたが、3月8日時点では感染者「487人」・死者「7人」と、残念ながら・・・増加の一途を辿っています。。。

そして制御の兆しは1ミリもありません。

政府が発表してからまもなく2週間近く経とうとしています。

この結果をみると、今回の自粛要請による効果はなかったと言わざるをえません。

効果がなかったとすると、どうなるか・・・。

「拡大防止に効果がある」と見込まれる「新たな施策」を政府から投入される可能性が高くなるということです。

3月6日、新たな追加施策「中国と韓国の入国制限強化」を発表

2月26日からの自粛要請がやはり効果がなかったと判断したのか、3月6日に政府より「新たな追加施策」が発表されました。

「中国と韓国からの入国制限を強化」する。

これは、中国および韓国からの入国者は、政府が指定する場所で14日間の待機を命ぜられ、そこへの移動も電車やバスなどの公共交通機関は利用できないと定めたもの。

外国人だけでなく「日本人も対象」になっていて、3月9日から適用されています。

3月に入って中国の感染者数の増加は発生時にくらべて緩やかになってきているものの、韓国では3月5日時点「5766人」の感染者(前日比+422人)が確認されました。

「国外からの感染経路をシャットアウト」

今すでに日本で蔓延しつつある中、正直「いまさら感」を抱いてしまいましたが、感染が急速に拡大している国からの入国制限によって国民を守ろうとしている政府の判断は理解できます。

ちなみに、これによる影響ですが・・・

純粋に中国や韓国からの観光客がさらに減ることが考えられますね

「日本に入国」=「14日間も政府がしている場所で待機しないとダメ!」

となると、めちゃめちゃ手間じゃないですか。

私たちが海外にいったときに現地で同じ対応されたら「面倒くさい・・・」ってなりますよ。

もうすでに国内の海外からの観光客は激減してますが、さらにこの施策によって拍車がかかると思います。

終息するまでは海外インバウンドによる経済効果はもはや期待できないと思ってよいでしょう。

オリンピックまでになんとか落ち着いてくれれば・・・と祈るしかなさそうです。

スポンサーリンク

2.世間の動き(スポーツ界・エンタメ界)


2つ目の判断基準となるのが、「世間の動き」ですね

今回、東京ディズニーランドは、スポーツ界、エンタメ界の動きに追随して休園を発表しました。

この流れからすると、スポーツ界・エンタメ界がどのように再開をしていくかは、東京ディズニーランドにとっても極めて重要な判断材料となると言えます。

ちなみに、3月2日(月)のニュースで、プロ野球とJリーグが結束して今後の動き(公式戦の開催)について話し合うという報道がありましたね。

ここで、「公式戦をいつから再開するか」が決められていくわけですが、この日程こそが東京ディズニーランドの再開日を決めるにあっての大きな判断材料となると思います。

なぜなら、東京ディズニーランドはあの2011年3月11日の東日本大震災のときもスポーツ界の動きを参考に再開日を設定したと言われているからです。

2011年の震災時、東京ディズニーランドはプロ野球界の動きを参考にした?

2011年の東日本大震災のとき、東京ディズニーランドもシーも被災し、3月12日から臨時休園となりました。

あのとき、東京ディズニーランドの再開日は開園記念日の2011年4月15日、東京ディズニーシーの再開日は遅れて2011年4月28日でした。

実はこの再開日、東京ディズニーランドはキリのよい「4月15日」の開園記念日となっているのですが、その裏にはプロ野球界の動きをみていたのではないかという噂があります。

震災のときを思い出してください。

震災直後の2011年3月14日に「計画停電」が発表されましたよね。

電力供給がムズカシイとなり、みんなで電気を節約していこうとなったんです。

でも、そんな矢先に、プロ野球界は2011年3月15日(震災からわずか4日後)の実行委員会の話し合いで「セリーグは予定通り3月25日の開幕戦をやります」と発表しちゃい、世間から大反感を買うこととなりました

予定通りとなるとナイターも実施するということ。ナイターでは多くの電力を消費することになり、みんなで電力不足を乗り越えようといっているのに何考えてんだぁ!ってなったんです。

さらに政府からも開幕戦を延長するように言われ、結局セリーグ・パリーグともに2011年4月12日へ開幕戦を「延期」しました

一方、東京ディズニーランドは当時どうだったでしょうか。

東京ディズニーランドの駐車場は液状化現象がひどかったもののその被害範囲は限られており、パーク内の施設は震災の影響はさほど受けなかったそうです。

だから、再開しようと思えば、2011年3月中での再開はできたんです。

ただ、それができなかったのは、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのアトラクションやパレードすべてが電力を大幅に消費する設備・装置だったため、電力供給が不安定な中での再開はムズカシイとなったことと、もしできたとしても、計画停電中の再開は、国民の感情を逆なでてしまうから。

そして、間もなくしてプロ野球が開幕戦は2011年4月12日に延期すると発表され、関東圏の計画停電も2011年3月28日で終了しました。

この世間の動きがあって、東京ディズニーランドは2011年4月15日に再開すると発表したんです。

ちなみにこの再開の発表は「2011年4月12日」。「延期されたプロ野球の開幕日」だったんです。

この傾向から、東京ディズニーランドは世間の流れを見極めて再開日を発表するとみてよいと思います。

スポーツ界、エンタメ界の動向はもちろん、再開に際しての日本国民の感情にも配慮して日程を最終決定することでしょう。

それが2020年3月16日(月)なのかどうかは、各界の動きに注目していくしかありません。

3月6日、宝塚歌劇団が3月9日から再開すると発表!劇団四季も政府からの追加要請がなければ3月16日から再開予定

3月6日のニュースではエンタメ界でも大きな動きがありました。

3月8日まで公演を中止していた宝塚歌劇団が、「3月9日より公演を再開する」と発表したんです

この中止期間中、宝塚歌劇団は劇場内の客席やトイレ、ロビーの手すりや扉などを徹底消毒し、さらに換気や清掃も強化。

これによって、今後の感染予防の態勢が整い、公演再開にもこぎ着けることができたとか。

さらに同日、「劇団四季」も公式HPにて

「3月16日以降の公演につきましては、政府から特別な要請が発令されない限り、上演を再開させていただく予定です」

と発表しました。

劇場の消毒はもちろん、来場者へのお願いごと(手洗いや消毒、咳エチケット)もしっかり書かれていましたね。

この2つのニュースはかなり大きいです。

なんてたってエンタメ業界屈指の2つの有名団体(宝塚歌劇団&劇団四季)が公演を再開すると(予定含む)発表したんですから。

このことは、他の業界にも相当なインパクトを与えるのではないかと思います。

あとは東京ディズニーランドがどう出るか・・・

ここで、もし東京ディズニーランドも「3月16日から再開します」となれば、国内の「自粛ムード」が一気に「再開ムード」に好転していく可能性が高いですね。

ただし油断は禁物!もし政府から「待った!」がかかれば「休園延長」は大いにある

とはいっても、劇団四季の再開のお知らせ文を見てみると

「政府からの特別な追加要請が発令されない限り再開予定です」

となっています。

これは裏を返すと、

「特別な追加要請があった場合」=「再開できない」

ことを表しています。

3月に入り、大阪のライブハウスでの「集団感染」が報告されてます。

そして、国内のコロナの感染者数も減る兆しが一向に見えません。

さらに東京都においては、屋外で行う「お花見宴会」でさえ自粛するよう要請がかけられました。

まだ事態がどうなっていくかは分からない状況です。

東京ディズニーランドは「関係行政機関等と密に連絡をとってお知らせする」と発表しているので、宝塚歌劇団や劇団四季の動きはあくまで参考情報にしかなりません。

規模も運営形態も東京ディズニーランドと異なるため、東京ディズニーランドは独自の判断基準と行政機関との話し合いで再開の可否を決めていくと思います

新たな発表を待つしかなさそうです。

雲行きが怪しくなってきた・・・3月9日(月)プロ野球、Jリーグともに「開幕延期」を決定・・・

3月9日(月)、プロ野球およびJリーグが「開幕延期」を決定。

プロ野球はもともと3月20日(金)に、Jリーグは3月18日(水)に開幕を予定していました。

それが3月9日(月)のコロナウイルスの専門家会議において、予定通りの開催を進めた場合は

  • 選手などへの感染予防の教育、啓発が間に合わない
  • 試合開催に際してのマスクなど、物資の用意が困難である
ことが課題としてあがり、専門家から「延期の助言」があったようです

そして、この流れからすると・・・

東京ディズニーランドの「3月16日(月)の再開」はかなり厳しくなるのではないでしょうか。

国を代表するプロ野球やJリーグといったプロスポーツ団体が延期を決定したんです。

そんな中、日本を代表するエンタメ施設「東京ディズニーランド」が再開を強行できるでしょうか。

1日の来園者数は4万人~5万人と言われる東京ディズニーランドです。

プロ野球やJリーグの来場者数以上の人々が毎日集まる空間です。

これはもう・・・悲しいですが、「休園延長」となる可能性が一気に高まったと言わざるを得ません

今回の流れをうけ、3月13日(金)までには東京ディズニーランドから「再開」か「休園延長」かのアナウンスがあると思います。

3月10日、政府がさらに10日間程度の自粛延長の呼びかけ!「休園延長」はほぼ決定?

3月10日、政府よりこれまで継続してきた大規模スポーツおよび文化イベントの自粛要請をさらに本日から「10日間程度」延長するように協力の呼びかけがありました

3月10日から10日間程度ということは、最低でもイベントの自粛解除は「3月20日(金)以降」ということになります

そのため、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが当初予定していた3月16日(月)再開は「ほぼ無い」と思った方がよいかもしれません

近日中(3月11日か3月12日)には、どうなるかのアナウンスが東京ディズニーランドから発表されると思います。

3月11日 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが4月上旬まで延期を決定!

やはり、3月10日の政府からの要請を受けて、東京ディズニーランドが発表しましたね。

「東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが4月上旬まで延期を決定」

この「4月上旬」と「4月●日」と明言しなかった点がちょっとポイントですね。

なお、4月15日に予定されていた「ニューファンタジーランド」は5月中旬以降の延期となりました。

4月の再開日は、3月下旬または4月頭のコロナの状況を踏まえて最終決定していくのではないかと思います。

再開日の発表を期待して待ちましょう!

ハッピー15エントリーで出来ること 攻略 ランド シー

東京ディズニーランドの4月の再開日予想はいつ?なぜニューファンタジーを5月中旬以降に延期?

2020年3月11日
スポンサーリンク

3.再開時の規模(屋内施設を開けるか開けないか)

「休園延長」になってもならなくても、いずれ迎える再開時に考慮しないといけないポイントがあります。

それがこの3つめのポイント「すべての施設をオープンするかどうか」です。

東京ディズニーランド、ディズニーシーには屋内施設はもちろん屋外施設もたくさんあります。

そして「屋内施設」の場合、絶対気をつけないといけない点がありますよね。

「コロナウイルスの集団感染のリスク」

ここが一番恐ろしいところだと思います。

特に次の場所では「新型コロナウイルスの集団感染」が発生したと連日報道されています。

集団感染が起こった場所
  • スポーツジム
  • 屋形船
  • ライブハウス
  • 雀荘
  • ビュッフェスタイルの会食
  • スキーのゲストハウス
  • 密閉された仮説テント

そして上記場所の共通点は次の3つです。

集団感染の共通点
  1. 換気が悪い
  2. 人が密に集まって過ごすような空間
  3. 不特定多数が接触するおそれが高い場所

これらの施設と照らし合わせると、東京ディズニーランドの特徴はどうでしょうか?

恐ろしいことに集団感染の共通点の3要素をほぼ満たしていませんか??

「喚起が悪い場所」というのは、まさに「屋内アトラクション」が該当しますね。

屋内アトラクションの代表例は「劇場型のアトラクション」です。

例えば、東京ディズニーランドであれば「ミッキーのフィルハーマジック」、「カントリーベアシアター」、「魅惑のチキルーム」、東京ディズニーシーであれば「ビッグバンドビート」や「マーメイドラグーンシアター」、「タートルトーク」、「ソングオブミラージュ」があたるでしょう。

屋内アトラクションは外気から遮断され、つねにアトラクション特有のムワッとした空気になっています。

そういった場所では、空気感染するリスクがあるということです。

「人が密に集まる」、「不特定多数が接触する」という点では、屋内アトラクションに限りません

屋外のアトラクション、通常のアトラクションはもちろん、キャラクターグリーティング、そしてパレードやショーも、大勢の人が列をなし、人と人との距離も数cm、数十cmと近いです。

そうなんです。

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、すべてのエリアで「集団感染の条件」が揃ってしまうんです。

この条件をクリアしない限り、パークの再開は難しくなるでしょう。

スポンサーリンク

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーはどうすればよい?再開できる3条件とは?

では、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーは新型コロナウイルスの状況が落ち着くまでは、100%再開できないのかというとそうではないと思います。

やり方としては次の3つではないでしょうか。

東京ディズニーランドが再開できる3つの条件
  1. 入場規制をかける
  2. 人と人とを密着させずに列に並ばせる
  3. 屋内アトラクションはひとまず延期する

東京ディズニーランドが再開できる条件1(入場規制をかける)

1つめの「入場規制をかける」ですが、これは混雑時にはよく掛けられていますよね。

連休の中日とかは、大混雑緩和を目的によくかかっています。

今回はこの「入場規制」に「コロナウイルス対策用の入場規制」の基準値を設けることがまず考えられます。

「人が多い」=「人が密着する頻度高い」

ですから

「人を少なくする」=「人の密着頻度を緩和する」

そうすることで、集団感染のリスクを下げることができます。

ただ、どれくらいの人数が適当かですが・・・

普段の「2分の1」?「3分の1?」「5分の1?」

こればかりは分かりませんが、少なくとも言えることは、何も入場制限しない状態で再開すれば、集団感染のリスクは高く、世間からの批判は避けられないのではないかと思います。

東京ディズニーランドが再開できる条件2(人と人とを密着させずに列に並ばせる)

続いて2つめの「人と人とを密着させずに列に並ばせる」は、すでに導入しているところが多いですが、隣の人との距離を大きく開けて並ぶというもの。

厚生労働省が3月3日に通知したガイドラインでは「1m以上空けて活動する」ことが推奨されています。

そのため、東京ディズニーランド、ディズニーシーのアトラクションでも「1m以上の間隔を空けて並んでください」となるかもしれません

友人同士、家族同士であっても1m以上離れて並ぶ。

ただ、このやり方ですと、小さいお子さんを同伴している家族からすれば「離れることの不安」を逆に生んでしまう可能性があります。

家族同士がずっと離れて並ぶのもよくよく考えると、非現実的ですよね。

なので、おそらくですが、「グループごとに1m以上離れて並んでもらう」が落とし所になると思われます

東京ディズニーランドが再開できる条件3(屋内アトラクションは延期する)

最後の3つめは「屋内アトラクションは延期する」です。

再開後も、新型コロナの集団感染防止のため、リスクとなる屋内アトラクションを閉める選択肢は有効と考えます。

東京ディズニーランドの屋内アトラクションにいる際「人と人との距離がどれくらいか」を思い浮かべてください。

普通に衣服と衣服が触れあうくらいかなり近いですよね。

しかも外気が入ってこないので、籠もった空気を他の人と一定時間共有することになります

仮にそこに感染された方がいたとしたら・・・

考えるだけで恐ろしいですよね。

さらには、3月2日にディズニーの最新作映画「2分の1の魔法」と「ムーラン(実写)」の公開が延期となる報道がありました。

「ムーラン(実写)」については5月22日まで延期されることとなっています。

つまり、本社ディズニー側も5月までは「映画館のような屋内施設も安全ではない」と見ているということです。

それを考えたら、東京ディズニーランドやシーも、再開後、当面の間は屋内アトラクションを休止するのではないかと思います。

スポンサーリンク

再開後も「マスク」、「手洗い」、「アルコール消毒」は必須!


仮にもし、東京ディズニーランド、ディズニーシーが再開したとしても、「マスク」と「こまめな手洗い」、そして「アルコール消毒」は必須です。

「再開」=「安全」ではありません。

「再開」=「予防しないと危険」であることは、新型コロナウイルスが終息宣言されるまでは変わらないと思います。

休園前の東京ディズニーランドのコロナ対策の一環として「キャストのマスク着用」および「レストルームへの消毒液設置」は引き続き実施されるでしょう。

キャストだけでなく、来園するゲストも予防が大切です。

マスクがどんどん入手できなくなっている。しまいにはトイレットペーパーもない・・・

とはいっても、休園前からそうですが、「マスク」が・・・どこにもないんです。

政府からマスク転売が禁止となっても、医療現場への配布が優先されているため、手に入れることは非常に困難です。

さらに今は「トイレットペーパー」や「ティッシュペーパー」もどこにいってもありません

店頭になかったら、どうすればよいか。

それはもう「楽天市場」や「アマゾン」といったネットショッピングしかないと思っています。

「マスク」も「トイレットペーパー」もネットであれば販売されています。

ただ正直どちらも割高になっています。

送料なども含めると、さらに出費がかさみます。

でも、、、、手元に1つも無いより1つでもあった方がより安全です

現に私は、ネットショッピング(楽天市場)でマスク50枚手に入れました。

そして、「アマゾン」でティッシュペーパー5箱入りを購入することができました。

近場のスーパーやコンビニでは売っていないモノでも、ネットショッピングならその場で一瞬で買えます

ですので

「マスクがなくて困っている・・・」

「トイレットペーパーがなくて困っている・・・」

場合は、ネットショッピングに在庫があるかぜひチェックしてみてください。

そして「これは買い!」と思ったらすぐに購入してください

スグに行動しないとしないと、他の人に取られて瞬く間に完売となります。

良いのが見つかったらスグに買う!

ぜひ迷わずに行動してください。

楽天市場で確実にマスクを手に入れる

>>「このマスクは買い!」と思ったらスグにGETする!(楽天市場)

アマゾンで確実にマスクを手に入れる

>>「このマスクは買い!」と思ったらスグにGETする!(アマゾン)
スポンサーリンク

まとめ

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーが3月16日(月)から再開できるのか、はたまた延期となるのか。

国内のコロナウイルスの感染状況、各界の再開に向けての動き、そしてどの施設をオープンするか、色々な条件を見定めて、最終的な判断がくだされると思います。

ただ、予定通り、3月16日に再開したとしても、コロナウイルス対策は引き続き必要となります。

世界保健機関(WHO)から終息宣言がされるまでは、自分の身は自分で守っていくしかなさそうです。

楽天市場で確実にマスクを手に入れる

>>「このマスクは買い!」と思ったらスグにGETする!(楽天市場)

アマゾンで確実にマスクを手に入れる

>>「このマスクは買い!」と思ったらスグにGETする!(アマゾン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です