ディズニーがまたチケットの値上げ?高い入園料のこれまでの推移とは?アメリカ、上海、香港、パリはいくら?

夢の国ディズニーリゾートは、老若男女問わず誰もが楽しめるテーマパークです。

次々と新しい楽しみが提供されるので、常に大人気のスポットとして知られていますよね。

ですがその反面、チケット(入園料)の度重なる値上げに疑問の声も上がっています。

しかし、なぜチケットが値上がってしまうのでしょうか。

また、開園当初からのチケットの推移はどうなっているのでしょうか。

本家アメリカと香港・パリのパークと比べると、東京ディズニーランドのチケットは高いのでしょうか。

今後の値上げの可能性と合わせて、紹介していきたいと思います。

最後まで読むと、日本のディズニーランドのチケットの意外な事実が分かりますよ。

ディズニーランドのチケット(入園料)を値上げする理由とは?

ディズニーチケット 値上げ理由では、そもそもなぜディズニーランドのチケットは値上がるのでしょうか?

主な理由は2つです。

ディズニーランドが値上げする理由
  1. 消費税増税のため
  2. 大規模拡張プロジェクトの資金集めのため

1つ1つ見ていきましょう。

ディズニーランドのチケット(入園料)が値上がる理由:消費税率の改定

ディズニーランドのチケットを値上げする理由の1つに、消費税率の引き上げがあると言われています。

これまでにも、ディズニーは消費税率の上昇に伴う価格改定を行ってきました。

直近の消費税が8%に改定された年、2014年にはチケット代が6200円から6400円と200円値上げしています。

その前の5%になった1997年も、チケット代が5100円から5200円と100円の値上げ。

消費税率の改定のタイミングでは、どの企業のどの商品も価格が上がるため、ディズニーもこのタイミングで値上げをしても不思議ではないんですね。

ディズニーランドのチケット(入園料)が値上がる理由:大規模拡張プロジェクトの資金集め

もう1つ理由は、ディズニーランドとディズニーシーの大規模拡張プロジェクトがあります。

東京ディズニーランドは約750億円を投じて、2020年に新たなエリアや新アトラクションをオープンする予定です。

そして、東京ディズニーシーの大規模拡張プロジェクトでは、約 2,500 億円をかけ、第8のテーマポートを2022年度中にオープンする予定となっています。

ディズニーランドとディズニーシー合わせて約3300億円の投資。

この軍資金を集めるためにも、チケットの値上げは検討されているんですね。

ちなみに、ディズニーシーの第8のテーマポートの内容はかなりすごいですよ。

人気エリアになること間違いありません。

スポンサーリンク

ディズニーランドのチケット(入園料)は高いのか?その推移とは?2019年10月に値上げ?

東京ディズニーランド開演当初のチケットは、1dayパスが3,900円でした。

現在のチケットは7,400円なので、比べてしまうと約2倍!!

この差には、少し驚いてしまいますね。

ちなみに、ディズニーランド開園から現在までの1dayパスの価格推移は次の通り。

値上げをした年 1dayパスの価格
1983年
(ランド開園)
3,900円
(スタート価格)
1987年 4,200円
1989年 4,400円
1992年 4,800円
1996円 5,100円
1997年 5,200円
2001年
(シー開園)
5,500円
2006年 5,800円
2011年 6,200円
2014年 6,400円
2015年 6,900円
2016年 7,400円
2019年 ?,???円

開園以来およそ3年~4年毎に値上げがされていて、その間にも増税やアトラクションの追加などがあると値上げがされていますね。

そして2014年から3年連続の値上げ。一気に1000円も上昇していることに悲鳴を上げた方も多かったのではないでしょうか。

そして、2019年10月にもさらなる値上げが検討されている・・。

その大きな理由は、さきほど述べた消費税率改定と大規模拡張プロジェクトということです。

後者に関しては、エリアが拡張する分、混雑の緩和が予想されています。

「混みすぎていて、ちっとも楽しくなかった!」

そんな思いをしないで済むよう、「混雑対策の最終手段としての値上げ」と思えば、ディズニーらしい理由かもしれません。

2019年10月に値上げ!いくらになるのか?

それでは、2019年10月の値上げはいくらになるか?

筆者は、2014年以降の値上げ幅が毎年500円だったことから、「7400円+500円=7900円」になるのではないかと予想。

というのも、500円の値上げは「キリがいい」のに加え、あのライバルテーマパークUSJの現在の1dayパスの価格「7900円」と一緒になるんです。

しかも、ディズニーが2019年に値上げするため、USJは先に価格を7900円から8000円台に上げてくる可能性が非常に高いです。

なぜ値上げするかというと、USJも2020年にマリオをテーマにした新しいエリアをオープン予定でその資金が必要だからです。

USJが先に8000円台、そしてディズニーが7900円。

そうなれば世間的にディズニーはUSJよりもお得と思われること間違い有りませんので、この7000円台ギリギリの「7900円」説はかなり濃厚ではないかと思います。

日本のディズニーランドのチケット(入園料)は世界からみて高いの?安いの?

でも、皆さんの中には

「またディズニーが値上げかよ!!高過ぎ!!」

と思われ方もいらっしゃいますよね?

でも実は世界のディズニーのチケットを見ると、意外な事実に気づきます。

それでは、次からは世界のディズニーテーマパークのチケットをみていきましょう!

スポンサーリンク

アメリカのディズニーランドのチケット、年パスはいくら?どんなところ?

5 Cub Denさん(@5cubden)がシェアした投稿

ディズニーの本家アメリカには、フロリダとカリフォルニアの2つのパークがあります。

フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートには、4つのテーマパークと2つのウォーターパークがあります。

キャラクター遭遇率が高く、どこのディズニーリゾートよりも大きいのが特徴です。

2~3日ではとても回りきれません。

カリフォルニアのディズニーランド・リゾートには、2つのテーマパークがあり、1つは東京ディズニーランドと構成が似ています。

「カーズ」の世界を再現したカースランドなど、カリフォルニアでしか体験できないアトラクションがたくさんあります。

フロリダのチケット

あーみんさん(@amiami1119)がシェアした投稿

マジックキングダム1dayパス

Peak:$124/13,328円(米ドル:1ドル=112円として計算)
Regular:$115/12,880円
Value:$107/11,984円

マジックキングダム以外1dayパス

Peak:$119/13,328円
Regular:$107/11,984円
Value:$99/11,088円

年パス

Platinum+:$1049/117,488円
Platinum:$779/87,248円
Water parks:$125/14,000円
フロリダ・カリフォルニア共通:$1439/161,168円

カリフォルニアのチケット

Garrett M. (Arty)さん(@kamen_gamer)がシェアした投稿

1dayパス

Peak:$124/13,888円
Regular:$110/12,320円
Value:$97/10,864円

年パス

Signature+:$1049/117,488円
Signature:$849/95,088円
Deluxe:$619/69,328円

アメリカのディズニーは東京ディズニーランドとは違い、チケットがクラス分けされています。

1dayパスは、混雑日のPeak・平常のRegular・閑散日のValueの3段階です。

年パスは一番高額なチケットがいつでも入園出来るものになっていて、値段が下がるごとに入園できない日が増えていきます。

スポンサーリンク

上海ディズニーランドのチケット、年パスはいくら?どんなところ?

yumiさん(@__yuuumi_)がシェアした投稿

上海ディズニーランドは2016年6月にオープンしたばかりです。

上海ならではの美味しいディズニーフードが大人気!

ジャックスパロウと一緒に冒険ができる世界初のアトラクション「パイレーツオブカリビアン-バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー」ができたことでも話題のパークです。

チケットは、アメリカのディズニーリゾートと同じくクラス分けがされています。。

1dayパス

Peak:499元/7,984円(1元=16円)
Regular:370元/5,920円

年パス

Seasonal Pass(全日):1,390元/22,240円
Seasonal Pass(平日):1,030元/16,480円
Seasonal Pass(曜日):915元/14,640円

上海ディズニーの年パスは、分け方が分かりやすくていいですね。

何より安い!

年パスが安く設定されているのは、まだ少ないリピーターを増やすためなんだそうです。

スポンサーリンク

パリのディズニーランドのチケット、年パスはいくら?どんなところ?

yukarikoさん(@tea__miele)がシェアした投稿

パリのディズニーは、東京ディズニーランドにあるアトラクションと同じものが多いです。

メインキャッスルはシンデレラ城ではなく、「眠れる森の美女」のオーロラ姫のお城です。

また、主客層が幼児連れの家族なので、ウォークスルー型のアトラクションが多めになっています。

1dayパス

€72/8,246円(€1=14円)

年パス

Infinity:€399/51,072円
Magic+:€249/31,872円
Magic Flex:€189/24,192円
Discovery:€139/17,792円

パリの1dayパスは、東京ディズニーランドと同じく1種類です。

年パスは世界最多の4クラスもあります。

来園頻度に応じて、選べるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

香港のディズニーランドのチケット、年パスはいくら?どんなところ?

Hiromiさん(@bearcreo)がシェアした投稿

香港ディズニーの最大魅力は待ち時間が少ない事です。

世界で最も混雑していると言われる、東京ディズニーランドをイメージしていくと、拍子抜けしてしまうほど空いているんだとか。

かと言って楽しめない場所なわけではなく、ディズニークオリティを感じられるパークです。

キャラクターグリーディングや大型アトラクションもそんなに待たずに楽しめてしまうので、日本在住で年パスを持っている人も多いみたいです。

1dayパス

HK$589/8,246円

年パス

Platinum:HK$3,348/46,872円
Gold:HK$1,888/26,432円
Silver:HK$1,178/16,492円

1dayパスは東京ディズニーランドより高めですが、年パスはお得ですね!

日本からも気軽に行けてしまう距離なので、プチ海外旅行におすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

海外のディズニーに比べると、東京ディズニーランドのチケットが一番安かったのには驚きました。

値上がりしたとは言っても、まだまだ良心的ですね。

東京ディズニーランドは、世界で唯一のフランチャイズなので、日本に合わせた価格設定になっているようです。

今後の値上げも気になりますが、「楽しい夢の時間」を過ごせるようにするためのものなら、仕方がないのかもしれません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です